読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育士の「どうしよう」に答えてみる

保育士として働いていると、「こんな時どうすれば?」という時がありますよね。そんなときにちょっと使える情報を集めてみました。

保護者におすすめ絵本を聞かれたときに答えたい「保育士のおすすめ」【その2】

保育士 絵本

前回は、保護者の方に「おすすめの絵本ありますか?」と聞かれたときに答えたい絵本を3つご紹介しました。

今日は、残り2つと、おすすめする絵本を選ぶ時のポイントについてご紹介いたします。

f:id:outreachhoiku:20160801131450p:plain

世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ

世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ(くさばよしみ編集/中川学絵)出版社:汐文社

2012年ブラジルのリオデジャネイロで環境悪化による地球の未来について話し合う会議がありました。世界中から集まった各国の代表者がスピーチをしましたが、名案と呼べるものは出ませんでした。

そんな会議も終盤に差し掛かったころ、南米ウルグアイの大統領がスピーチのために登壇しました。

その姿は実に質素でネクタイもしていませんでした。彼は世界でいちばん貧しい大統領と呼ばれるムヒカ大統領。

小国であるウルグアイ大統領のスピーチにほとんどの人は関心を寄せていませんでした。

しかし、そのスピーチを聞き終わったあと、会場中は割れんばかりの拍手喝さいが起こりました。

給料の大半を貧しい人のために寄付をする。公邸には住まず、町から離れた農場で奥さんと花や野菜を育てながら住み運転手付きの公用車ではなく古びた愛車を自分で運転して公務をこなす大統領。

ウルグアイの人々は親しみと敬愛をこめて彼を「ペペ」と呼んでいます。

貧しいこと、お金がないことは本当に悲しいことなのか。彼のスピーチは今の社会に一石を投じるものとして、多くの賛同を呼びました。

心が豊かであることとは何なのか、考えさせられる一冊なので、保護者にぜひオススメしたい一冊です。

すてきな三にんぐみ

すてきな三にんぐみ(トミー・アンゲラー作/いまえよしとも絵)出版社:偕成社
子どものころ、疑問に思ったことも大人になると何となく分かったような気になっていること、ありませんか?

お金や宝石はどうして必要なのか。

大人になった今、この疑問に答えられますか?

絵本では三にんぐみの泥棒が全国の孤児のためにお城をプレゼントするストーリーとなっています。お金って、どうして必要なの?どうして欲しいのか気づくと、また世界観が変わるのかもしれませんね。

保護者のかたにオススメする絵本を選ぶコツ

他にも、保育園ではたくさんの絵本を読んでいますよね。

その絵本を保護者の方に紹介するときに、どんな目線で絵本を選んだら良いのでしょうか?

そのコツは2つあります。

まず1つめが「読み聞かせが簡単だけど子どもの反応が良いものを選ぶ」ということ。保護者の方のなかには、読み聞かせになれてない方もいます。

表現力が必要な絵本などでは、読み聞かせのやりかたがおはなしの面白さを大きく左右しますので、「あまり反応がよくなかった・・・」となるものも。普段よみきかせをしていて、「簡単だけど楽しんでくれるな」というものにしましょう。

2つめは、「どんなシーンで読み聞かせをしたいか?」ということを事前にきいておきましょう。盛り上がるお話を寝る前によむと、興奮して寝れなくなるということもあります。生活シーンのうち、どんなときに読みたいのか、というのを聞いてからおすすめするようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。絵本は子どもだけでなく、大人も楽しめるとても素晴らしいものです。なかなか読む機会がない保護者にはぜひ保育士から素敵な本を紹介してみて下さいね。